髪の毛の構造と成長のサイクルを知ることで育毛を理解する

■髪のヘアサイクルには、成長期・退行期・休止期があります。髪の毛は、成長期・退行期・休止期、そして再び成長期へと移り、成長と脱毛を繰り返しています。なおヘアサイクルの期間は、2から6年と言われています。

●成長期は、2から6年です。成長期は、髪の毛が成長する期間です。いったん消失していた毛母細胞が再形成され、細胞分裂を盛んに行い、髪の毛が成長を続けます。

●退行期は、2から3週間です。退行期は、毛母細胞の分裂が鈍り、休止期に入る準備をします。毛母と毛乳頭が分離し、毛根が頭皮の浅いところへ移動します。

●休止期は、3から4ヶ月です。休止期は、髪の毛の脱毛が始まると同時に新しい髪の毛の生成が始まります。髪の毛は、しばらく毛包にとどまっています。

なおAGA(男性型脱毛症)では、ジヒドロテストステロン(DHT)と男性ホルモン受容体が結合し、脱毛シグナルが出され、髪の毛の成長期が終了します。

■髪の構造は、頭皮の中に隠れている毛根と頭皮から外に出ている毛幹に分けられます。

毛根の根本部分でふくらんでいるのが毛球です。そして毛球のくぼんだ部分が毛乳頭です。なお毛乳頭を取り巻くように毛母細胞があり、毛乳頭から供給された栄養により、分裂・増殖を繰り返し、髪の毛を作っています。

毛幹部分は、中心部分からメデュラ(毛髄質)・コルテックス(毛皮質)・キューティクル(毛小皮)の三層から成り立っています。

●メデュラは、毛幹の中心部分にあり、空気をたくさん含んでいます。

●コルテックスは、毛幹の大部分を占め、メラニンを含んだ繊維状の細胞が集まっています。

●キューティクルは、髪の毛の一番外側にある部分です。魚のウロコのように重なり、内部を保護しています。

■髪の成分は、アミノ酸が結合したたんぱく質が主要成分です。メデュラは、柔らかいたんぱく質と脂質が主成分です。コルテックスは、繊維状のたんぱく質が主成分です。キューティクルは硬いたんぱく質が主成分です。髪の毛のたんぱく質は、ケラチンと言われ、髪以外にも肌や爪などにも存在しています。なおケラチンは、主にアミノ酸の一種システインとメチオニンが原料となっています。

サブコンテンツ

このページの先頭へ