AGAの医学的なメカニズムと分かりづらい用語の解説まとめ

■ジヒドロテストステロン(DHT)

ジヒドロテストステロン(DHT)は、AGA(男性型脱毛症)の原因と言われる男性ホルモンです。ジヒドロテストステロンは、男性ホルモンの一種テストステロンが5αリダクターゼ(5α-還元酵素)により変換され、産生されます。ジヒドロテストステロンが男性ホルモン受容体に結合するとサイトカイン「TGF-β」を産生します。サイトカイン「TGF-β」は、退行期誘導因子です。正常なヘアサイクルを阻害したり、自殺酵素を活性化し、毛母細胞を自殺死に誘発します。その為髪の毛は、十分に成長する前に成長期が終了します。

■5αリダクターゼ(5α-還元酵素)

5αリダクターゼ(5α-還元酵素)は、男性ホルモンの一種テストステロンをAGA(男性型脱毛症)の原因と言われるジヒドロテストステロン(DHT)に変換する酵素です。5αリダクターゼには、1型と2型があります。
5αリダクターゼ(1型)は、頭髪に限らず、体の体毛に存在しています。ジヒドロテストロンの30から40%を産生します。
5αリダクターゼ(2型)は、前頭部・ヒゲなどに集中して存在しています。ジヒドロテストロンの60から70%を産生します。
なおαリダクターゼの活性の強さは、父親・母親に関わらず、優性遺伝が受け継がれるそうです。

■男性ホルモン受容体

男性ホルモン受容体は、毛乳頭細胞のX染色体上に存在します。男性ホルモン受容体とAGA(男性型脱毛症)の原因と言われるジヒドロテストステロン(DHT)が結合するとサイトカイン「TGF-β」を産生します。サイトカイン「TGF-β」は、退行期誘導因子です。正常なヘアサイクルを阻害したり、自殺酵素を活性化し、毛母細胞を自殺死に誘発します。その為髪の毛は、十分に成長する前に成長期が終了します。
男性ホルモン受容体の感受性は、母方の遺伝の影響が大きい。

■テストステロン

テストステロンは、ジヒドロテストステロン(DHT)の素となる男性ホルモンの一種です。テストステロンは、コレステロールから複雑なプロセスを経て合成されます。なおテストステロンは、男性の場合には精巣などから分泌され、女性の場合には副腎や卵巣から分泌されます。

■AGAチェック

AGAチェックは、DNA分析によりAGAのリスクと治療薬プロペシア(フィナステリド)の効果を判定します。AGAの原因と言われるジヒドロテストステロン(DHT)は、毛乳頭細胞のX染色体上にある男性ホルモン受容体と結合し、退行期誘導因子であるサイトカイン「TGF-β」を産生します。男性ホルモン受容体には、受容体を覆うような三次元構造のDNAが存在しています。そのDNAは、「c,a,g」という塩基を繰り返す為、cagリピートと言われています。cagリピートが長い場合、AGAのリスクが低く、またプロペシアの効果も低くなります。逆にcagリピートが短い場合、AGAのリスクが高く、プロペシアの効果も高くなるそうです。

サブコンテンツ

このページの先頭へ