育毛剤の成分であるバイオポリリン酸の育毛・発毛効果とは

バイオポリリン酸は、世界各国で特許を取得した育毛効果が期待できる成分で、バイオポリリン酸は従来の育毛方法とは異なるアプローチをとる特徴があります。

従来の育毛剤は、発毛しやすい環境を整えたり、頭皮などに栄養を行き渡らせることを重視していたのですが、バイオポリリン酸は髪の毛を作る毛乳頭に直接働きかけ発毛を促進するのです。

バイオポリリン酸は、たんぱく質の周囲に各種アミノ酸やミネラルなどを取り囲んでいる構造で、毛乳頭に直接は発毛を促し、さらに必要な成分を同時に届けることができます。

毛乳頭は頭皮に埋もれてしまうため、栄養が行き届かないことが多いです。薄毛の原因となる男性ホルモンが過剰な場合、皮脂も過剰に分泌されているため毛根が皮脂で詰まっていることもあります。頭皮ケアをして、さらにバイオポリリン酸を使用することで育毛効果が期待でき、弱酸性なので、肌が弱い場合でも安心して使用できます。

実はバイオポリリン酸は、ポリリン酸ナトリウムとも言い、ポリリン酸ナトリウムは食品添加物に使用される成分でもあります。カップラーメンのかんすいや、アイスなどに使用されています。この食品添加物に使用されているポリリン酸を摂取し過ぎると亜鉛の吸収が阻害されるため、髪の毛に良い影響はない成分なのですが、ポリリン酸ナトリウムを配合した育毛剤は頭皮の毛乳頭に発毛を促進する効果が期待できるのです。

髪の毛を育てる効果的なたんぱく質のFGFは体内の各所に潜んでいます。毛乳頭にあるFGFが活発になることで毛が生えてきます。FGFには23種類あり、バイオポリリン酸は、髪の毛を生やすことが期待できるFGF1,2,7,23を活発にすることが期待できるため、毛乳頭内のFGFを活性化させることができ、髪の毛を生やすことが可能になるのです。

毛乳頭の中でFGFを活性化させるバイオポリリン酸は、製法において世界各国で特許を取得しています。これは髪の毛が生える裏付けにもなり、薄毛で悩みがある場合は使用する価値はあります。

サブコンテンツ

このページの先頭へ